コーチング起業

【マインド】ネガティブ?ポジティブ?どっちがいいの??

こんにちは。

柳井弘幸です。

 

 

今日は朝からのんびり家で

くつろいでいます。

 

たまには家でゆっくりすることも

良いですね^^

 

ただし、良い事ばかりでも無く・・・

居間でくつろいでいたところ・・

 

うちの子供達が喧嘩ばかりするのを、

ずーっと叱っていたのですが、

一向に喧嘩が収まるどころか

ダンダン激しくなる一方で・・・

 

ついに堪忍袋の緒が切れて

 

こらっ○○っ!

 

と怒鳴ってしまいました。

 

「やってしまったっ!」

と思った反面、

 

ここで自己嫌悪に陥ることなく

もう一人の自分が

 

「前頭前野」に集中!

 

という指令を出したのです。

 

========

前頭前野とは?

========

前頭前野はヒトをヒトたらしめ,

思考や創造性を担う

脳の最高中枢であると考えられている。

前頭前野は系統発生的にヒトで

最もよく発達した

脳部位であるとともに,

個体発生的には最も遅く成熟する

脳部位である。

脳科学辞典より

 

 

前頭前野に意識を集中することで、

感情に振り回され続けることなく

冷静かつ客観的に自分のマインドを

コントロールできるのです。

 

という訳で、

感情を抑えすぎること無く

同時に感情を自由気ままに

発散し続けることも無く

 

ネガティブ、ポジティブ

 

怒り、喜び

 

といった様々な感情を自然体で

自分らしく感じ表現することが

「楽に生きる」秘訣なのかなぁ

 

と感じる今日この頃です。

 

 

ちょっと前置きが長くなりました。

 

今日はマインドについて久しぶりに

書いてみたいと思います。

 

キッカケは以下のような質問を

クライアント様から

頂いたことになります。

 

 

週末をリラックスしながら

楽に過ごしていただくための

ヒントや参考になると

良いなぁと考えましたので

共有させていただこうと思います。

 

 

<クライアントさんのご質問>

感情の解放って何なのかな?と、

最近感じています。

何が素直なんだろう?とも考えています。

何が自分の望みなんだろう?

とか、考えてしまいます。

柳井さんは、感情の解放や素直さ

についてどう考えていますか?

 

 

<私からの回答>

自分のマインドを客観的に診て、

ある程度自分自身でマインドを

マネジメントができる段階になると、

 

「ポジティブとネガティブの

両方の感情に善悪はなく、

ネガティブな感情を

抱いてるときでさえ

 

ただ単にホメオスタシスの力で

自分を守ってくれている時に

ネガティブな感情が現れているに

過ぎないし、

 

暑くなったら体温調整のために

汗をかくのと同じような

生理現象でしかない。」

 

 

と捕らえて、理解する事が

できるようになります。

 

そういう形で客観的に考える

ことが出来るようになると、

 

ネガティブな感情を解放しながらも

もう一人の自分が冷静に

マインドの状態を平静に保つ事が

できるようになるのです。

 

このように、時にはネガティブな

感情を解放しながらも、

自分自身を否定することなく

リラックスしていられるのです。

 

人間は感情の生き物なので、

感情を抑えたり、

無かったふりをすることは

精神的に良い事ではありません。

 

大切なことは、

自分の内なる感情を

解放しながらも、

自然体でいられたり、

取り乱す事がない状態を

日々少しづつ多くしていく

ことだと思います。

 

今すぐにそういう状態に

なる必要はありません。

 

今この瞬間よりも5分後・・・

今日より明日・・・

 

という風に

自分らしく少しづつ

前進していきましょう。

 

そうすれば、絶対に成長できます。

 

あなたは凄いのです。

 

 

今日も楽しんで行きましょう(^-^)

最後までお読みいただいて

有難うございます。

 

 

コメントを残す

*