未分類

自信って何?①

自信の意味について、辞書で引くと

自分で自分の能力や価値などを信じること。

自分の考え方や行動が正しいと信じて疑わないこと。

という説明文が出てきます。

「それは分かってるけど、本当に自信を持つのは難しい」

と思っている方が多いのではないでしょうか?

ここで、「人がどのように自分の信条や価値感を、

自分のマインドの中に形成していくか?」というお話をさせてください。

人は生まれた直後は何も脳にインプットされていない真っ白な状態ですよね?

そして子供時代から大人になるまでの間に、

両親、学校の先生、友人などといった身近な人々から様々な言葉を受け取り

自分自身の信条や価値感を形成していくことになります。

つまり外からの情報や影響をダイレクトに受け取って

本当の自分の判断をする準備が整わない内から

「本当の自分の考え」というフィルターを通すことなく

「自分以外のの考え方・意見の集合体」を自分の人格と認識している人が

ほとんどではないでしょうか?

コーチング理論を取り入れる前の私も、その一人でした。

前回、「本当の自分の気持ちを受け入れる事の大切さ」について

触れましたが、本当に自分と向き会いながら、自信を高めていくために

「自分の人格や価値感がどういったものであるか」ということや、

「なぜ、そういった信条や価値感を持つようになったのか?」

ということを掘り下げてみてはどうでしょうか?

次回は「自信って何?② ワーク編」について書きたいと思います。

最後まで読んで下さって、ありがとうございます!

コメントを残す

*